地主の悩み Top5

借地契約の地主さんと借地人さんとの関係は難しい一面があります。

一方の当事者である地主さんから見た「お悩み」の代表的なテーマは次のようなものです。

 

【1】相続

『貸地(底地)を整理して、次世代に優良な資産を残したい』

『底地の買取業者は、いくらで底地を買い取るのか?』

【2】貸地の経営  

『法律が借地人を保護することは理解できるが、度を超した要求をする借地人は困る』

『路線価の借地権割合が一人歩きして誤解を生んでいる』

【3】更新料  

『更新料の額を借地人と相談するのが煩わしい』  

『更新料は支払わなくてよい、という勘違いが多くて困る』

【4】地代

『正直な話、地代が安いので、固定資産税を支払ったらほとんど残らない』

『地代の値上げを申し入れたら、借地人が地代を供託した』

【5】譲渡承諾・建替承諾  

『借地人が借地権を売りたいと言っているが、この機会に整理したい』

『建物のリフォームでも承諾料はもらえるのか?』

 

地主さんと借地人さんとの間には様々な問題が起こりますが、その原因の多くは知識不足による誤解や思い込みだったりします。

借地契約は長期にわたりますから地主さんと借地人さんの「人間関係」は重要です。

何か分からないこと、困ったことが起きたときに、本当に解決できる専門家を見つけ相談することが、円満な関係を続けていくためのポイントです。

あなたが今、借地契約の更新・承諾・名義変更等についてお悩みなら、一日でも早くご連絡をください。

不動産の「問題」では、一日の遅れが大きな損失を生むこともあります。

借地契約をはじめ不動産の相談実績1200件以上の経験を持つ不動産専門行政書士が、貴方のお悩みを解決します。

「あの時、相談しておけば…」と後悔しないように、今すぐ疑問や不安を解消してください。

 

☎ 03−6677−3074

土日祝、夜間も出来る限り対応いたします。

お気軽にお電話ください!


メールで相談する

SNSでもご購読できます。