借地と底地の権利調整(同時売却)

f5893abbe6f612a6cc83302e2695ef60_s借地とは、元々ひとつの土地を2つの権利(所有権と借地権)に分けてしまったものです。

これを本来の状態に戻すのと同様に権利調整する方法が「同時売却」です。

 

同時売却の選択理由

地主さんと借地人さんのどちらかが、相手方の権利を買い取って完全な所有権とする方法が基本形です。

いずれか一方の買い取りが困難な場合には「等価交換」という方法もありますが、面積が小さかったり、土地のカタチが分割に適さない場合には出来ません。

そのようなときには「同時売却」という方法があります。

地主さんと借地人さんが、底地所有権と借地権を同時に同一の第三者へ売却するのです。

購入する第三者は結果的に完全な所有権を購入することになります。

 

売却代金の比率

原則的な分割比率は50:50ですので、トータルの土地価格が5000万円であれば、底地所有権、借地権とも2500万円として第三者に売却します。

2500万円の売買契約を同時に2件締結することになります。

あなたが今、借地契約の更新・承諾・名義変更等についてお悩みなら、一日でも早くご連絡をください。

不動産の「問題」では、一日の遅れが大きな損失を生むこともあります。

借地契約をはじめ不動産の相談実績1200件以上の経験を持つ不動産専門行政書士が、貴方のお悩みを解決します。

「あの時、相談しておけば…」と後悔しないように、今すぐ疑問や不安を解消してください。

 

☎ 03−6677−3074

土日祝、夜間も出来る限り対応いたします。

お気軽にお電話ください!


メールで相談する

SNSでもご購読できます。