借地の更新(更新料)

cfb840f8a6a4b5f6f78ca5fb305e0a4f_s借地契約に関するお悩みで最も多いのが「更新料」についてではないでしょうか。

借地契約は期間が長いので、更新手続きは20年あるいは30年に一度です。

その際の「更新料」は大きな金額になりやすいので、誰もが悩むところです。

 

更新料の額

更新料の額については、更地価格の3〜5%、あるいは借地権価格の5〜10%程度が一般的です。

 

更新料の支払義務

更新料は支払わなければならないのか?」は、いつも真っ先に出てくる疑問です。

第一に、借地契約に関する法律上、更新料の規定はありません。(→支払義務なし)

第二に、更新料の授受について契約に定められていれば、支払わなければなりません。

第三に、仮に契約書が無くても前回更新時に更新料の授受がされていれば、更新料の授受について合意があり、その後の更新時も同様であると見なされる可能性があります。

 

更新料の意味

結論として、仮に法律上の根拠が無かったとしても「更新料は支払ったほうがいい」と思います。

これから20年間(あるいは30年間)地主さんとは長いお付き合いになりますから、円満な関係であることに越したことはありません。

目先の更新料の金額に囚われ過ぎ、ギクシャクした関係になってしまうと各種の承諾依頼にも影響を与えてしまいます。

あなたが今、借地契約の更新・承諾・名義変更等についてお悩みなら、一日でも早くご連絡をください。

不動産の「問題」では、一日の遅れが大きな損失を生むこともあります。

借地契約をはじめ不動産の相談実績1200件以上の経験を持つ不動産専門行政書士が、貴方のお悩みを解決します。

「あの時、相談しておけば…」と後悔しないように、今すぐ疑問や不安を解消してください。

 

☎ 03−6677−3074

土日祝、夜間も出来る限り対応いたします。

お気軽にお電話ください!


メールで相談する

SNSでもご購読できます。