6: 行政書士

揉め事は色々、法律家も色々

ご相談頂いた時点で既に揉めていた遺産分割協議でしたが、相手方が代理人を弁護士に依頼したため、こちらも弁護士に依頼することになり、私のほうで適任と思われる弁護士をご紹介しました。

続きを読む

中断していた、前妻の子と後妻の相続手続き

依頼人の悩みは「定型」ではありません。

様々な要素が含まれた固有の悩みであることが当り前です。

それに対して私達が提供できるサービスは「こっちの都合」で決まっているのですから、依頼人の問題解決のためにはアレンジが必要です。

何故か「自分の都合」で仕事を途中で止める【法律家】の事例が続きました。

続きを読む

法定相続情報証明制度

平成29年5月29日から、各種相続手続きに利用できる「法定相続情報証明制度」が始まりました。

相続登記が未了のまま放置されている不動産が増えており、法務省としては、相続登記を促進するために新設した制度だそうです。

続きを読む

未完成の仕事の罪悪

顧客サービスは可能なかぎり充実させたいものです。

しかし、業務の種類によっては許認可や資格が必要なものもあります。

また、複数の作業を組み合わせて仕事が完成するケースも数多く存在します。

自身の得手不得手もあるでしょうが、だからと言って「未完成な仕事」のまま終わらせていいはずがありません。

最近、続けて似たような事例がありました。

そのひとつが…

続きを読む