2: 不動産

築45年の分譲マンションの売却

せっかく相続した不動産を処分しなければならないこともあります。

事例をひとつご紹介します。

長年、面倒を見てきた叔母が亡くなり、築45年の分譲マンションを相続したが、片道2時間以上の遠方にあり、維持管理も困難なので売却処分したいという相談がありました。

続きを読む

土地区画整理地の仮換地の売却

東京ではもう土地区画整理はほとんどありません。

しかし相続財産が地方に存在することはありますし、その場所が土地区画整理地である可能性もあります。

使う予定がない土地なので売却したいけれど、どういう手続きが必要なのか…

続きを読む

葛飾区の行政代執行

◆ 葛飾区が行政代執行で空き家を解体

今年3月、葛飾区が行なった行政代執行は、所有者が判明している空き家に対する解体撤去としては全国初ということで話題になったニュースです。

これは「空家対策特別措置法」に基づくもので、所有者が修繕等の改善の指導に従わなかったためと報道されていました。

行政代執行には約180万円の費用がかかり、これは葛飾区から所有者に対して請求されます。

続きを読む

マイナンバーと不動産経営

平成28年1月からマイナンバー制度の運用がスタートしました。

昨年末までに皆様のところにも「マイナンバー通知カード」が届いたはずですが、その後に「顔写真付のマイナンバーカード」を作られた方もいらっしゃるかもしれません。

このマイナンバー制度ですが、不動産賃貸経営をされているオーナーの皆様にとって、どのような影響があるのか確認しておきたいと思います。

続きを読む

借地契約の更新料は支払うべきか?

bead0bd10d6e3f527ee8ed13a5979ffa_s

借地契約は20年以上の長期契約ですから、その更新手続きについて「前回は親がやっていたので自分は初めて」という人も少なくありません。

そのような借地人のココロに必ず浮かぶのが「更新料の適正な金額はいくらか」また「そもそも更新料を支払う必要があるのか」という疑問です。

続きを読む

不動産賃貸業が有利な理由

超低金利が続く中での資産運用の方法として「株式投資」や「外国為替取引」といったものも選択肢としてはあります。

しかしこれらは、地球の裏側の出来事が一夜にして世界を駆け巡り,市場価格を大きく変動させることがあります。

プラスの要素であれば結構な話ですが、マイナスの“事件”であれば非常に大きな損失を被ってしまいます。

続きを読む

住宅リフォーム業者のコンペ

5d2c2c381cabb0094a3c403f0b80aad9_sお客様の自宅リフォームのお手伝いをしています。リフォームと言っても、ほぼ新築のリノベーションです。

  • 業者選定の基準を示すこと
  • 工事費以外の資金計画の枠組みを作ること
  • お客様が悩むであろうことを先回りして筋道を付けること

ざっくり言うとこんな仕事です。

続きを読む

不動産の名義変更

e76eba2ad8eff90b2ea9246a32c24a1c_s不動産を相続したら、名義変更手続きをする必要があります。

不動産の名義変更とは「登記」の所有者変更のことです。

例えば「鈴木一郎」さんが住んでいる家の表札が「鈴木一郎」だからといっても、この家の所有者が「鈴木一郎」さんとは限りません。

鈴木一郎さんの父親の「鈴木太郎」さんの所有物かもしれないし、鈴木一郎さんと妻の「鈴木春子」さんの共有物という可能性もあります。

あるいは赤の他人である「佐藤一雄」さんから借りて住んでいるだけということも考えられます。

続きを読む