銀行との付き合い方④/複数と取引する

c2ede770eb424cd35a79b68232cc6d29_sひとつの銀行としか取引していないリスクをご存知でしょうか。

事業規模が小さいからといって、取引銀行がひとつでいいわけではありません。

ひとつのモノに依存することは、何にしろリスクを伴います。

 

例えば、金融機関は性質上、短期間で担当者が移動します。

これまで上手く付き合っていた優秀な担当者の後任が、あいにく“ハズレ”だったらどうなるでしょう。

あるいは支店長だって移動になります。その場合には、融資方針がガラリと変わるかもしれません。

 

少し極端な例を挙げれば「合併」という可能性もあります。

取引銀行が「合併する側」なら影響は少ないかもしれませんが「合併される側」であれば大きな変更は避けられないでしょう。

 

また、金融機関側にも経営計画はありますから、時期によっては融資量を調整するかもしれません。

そのとき自社の資金ニーズとタイミングが合わないと困ります。

 

いずれにしろ、金融機関との関係は一朝一夕に深まるものではありません。

中長期で取引金融機関を増やすことをお勧めします。

あなたが今、融資・資金調達についてお悩みなら、至急ご連絡ください。

経営者の悩みのトップ3は、「売上」「人材」「資金繰り」と言われています。

その中でも “金融機関との対応” が必要な「融資・資金調達」は経営者が一人で頑張っても上手くいかないこともあります。

資金調達には時間が必要です。早め早めに手を打たないと間に合いません。

「あの時、相談しておけば…」と後悔しないうちに、今すぐご連絡ください。

 

☎ 03−6677−3074

土日祝、夜間も出来る限り対応いたします。

お気軽にお電話ください!


メールで相談する

SNSでもご購読できます。