借地と底地の同時売却

生まれ育った実家を処分しなければならないのは寂しいものです。

しかし、その実家が借地であれば処分の手順が重要です。

地主さんとしっかり話し合わなければなりません。

 

【依頼者の心情】

一人暮らしの父親が亡くなり、居住していた自宅(借地権)について、今後どうするのか決めかねている。また地主に対して何を話せば良いか分からない。

 

【経過】

①借地権を維持する方法を検討 ➡︎ 建物をリフォームし、子供の家族と同居することを考えたが「リフォーム資金の問題」と「同居に対する不安」を解消できず断念。

②借地権を売却する方法を検討 ➡︎ 老後に備えた資金として預金することに決定。一般的に借地権は売り難く、売れても安い。そのため地主の了解を得て、借地権と底地を同時に(完全な所有権として)売却し、その売却代金を地主と分ける方法を選択した。

③地主と諸条件の調整 ➡︎ 地主に、亡父との過去の経緯を確認したところ、数回トラブルがあったことが判明。相続人(依頼者)の状況を丁寧に説明した上で、売却代金の振分割合および精算項目などを協議し合意。その後、売却活動を開始した。

【結果】

物件情報の公開後、早期に購入希望者が現れる。諸条件を交渉の後、売買契約を締結した。地主も満足し、依頼者にとっても好条件で借地権を処分することが出来、不安が解消された。

<ポイント>

借地権と底地の権利調整は「法律」だけではなく「感情」の部分も大変重要です。

あなたが今、借地契約の更新・承諾・名義変更等についてお悩みなら、一日でも早くご連絡をください。

不動産の「問題」では、一日の遅れが大きな損失を生むこともあります。

借地契約をはじめ不動産の相談実績1200件以上の経験を持つ不動産専門行政書士が、貴方のお悩みを解決します。

「あの時、相談しておけば…」と後悔しないように、今すぐ疑問や不安を解消してください。

 

☎ 03−6677−3074

土日祝、夜間も出来る限り対応いたします。

お気軽にお電話ください!


メールで相談する

SNSでもご購読できます。