事業計画書の必要性

bb88f32e47960401bc523ad883726785_s中小企業経営者は、毎日の仕事に一生懸命です。

その毎日を積み重ねた1年間の成果が「決算書」に表されます。

納税をして一息ついて、また新しい一年のスタートを切る。そうして会社は成長していきます。

 

新しい事業年度の始まりには「新年度の売上目標」なども設定するでしょう。

その際に経営全体を俯瞰した「事業計画書」を作成することをお勧めします。

 

そうは言っても会計事務所は事業計画書なんて作ってくれない、と思うかもしれませんが、それは仕方がありません。

「決算書」と「事業計画書」は、目的も作り方も全く別のモノだからです。

 

「決算書」は、会社の事業活動の結果を会計ルールに従って処理し作成します。

一方「事業計画書」は、将来の事業活動の予測です。

 

そして「事業計画書」を作成することの大きなメリットは、金融機関に会社の「将来性」を説明することに役立ちます。

金融機関の融資審査において過去の実績も大切ですが、融資した資金がキチンと返済されるかは過去ではなく未来のことです。

したがって、しっかりと練られた事業計画があり、それが毎月達成される(未達なら原因を明確にする)ことが重要です。

このような会社に対しては金融機関も信頼感が増し、融資条件も良くなることでしょう。

 

あなたが今、融資・資金調達についてお悩みなら、至急ご連絡ください。

経営者の悩みのトップ3は、「売上」「人材」「資金繰り」と言われています。

その中でも “金融機関との対応” が必要な「融資・資金調達」は経営者が一人で頑張っても上手くいかないこともあります。

資金調達には時間が必要です。早め早めに手を打たないと間に合いません。

「あの時、相談しておけば…」と後悔しないうちに、今すぐご連絡ください。

 

☎ 03−6677−3074

土日祝、夜間も出来る限り対応いたします。

お気軽にお電話ください!


メールで相談する

SNSでもご購読できます。